スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小学生の一日の歩数?

こんばんは!
よく歩き回る古山です。


この20年間で、子どもたちの運動量が減っているという話がありました。


昭和40年代の小学生の一日の歩数は2万歩から2万7千歩。
現代の小学生の一日の歩数は1万歩から1万3千歩。
(40年近く昔の話ですね…)


運動というより、普段の歩く量が減っているんですね〜。


昭和40年代の小学生といったら、まさに私がその時代の子ども。
どのくらい歩いていたのかな〜?


今も小学生並みに動き回りますが、明らかに子どもの頃程歩いてないと思います。
それでも、2〜3万歩とか歩きますから、小学生の頃は4〜6万歩とか…??


やっぱり、子どもは歩こう!走ろう!
遊び回っても、その疲れはすぐに回復だー!


『疲れを知らない子ども』が羨ましい〜\(*^▽^*)/















この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

古山慶太

Author:古山慶太
1967年12月25日生まれ

■資格
健康運動実践指導者
JSCAマスターインストラクター
ライフフィットネス・アドバンストレーナー

■競技歴
陸上 他

■活動歴
公共施設・会員制クラブでのトレーナーをはじめ、体力測定・健康教室・健康アドバイザー等を経験し、スポーツクラブへ入社。
トレーナー業務全般・スタジオプログラム・子供体操教室指導・ジムエリア統括等のキャリアを積む。
現在はフリーとなり、スポーツクラブでのパーソナルトレーナー活動を中心に、企業向け講習会講師・ジュニア体操教室・高齢者健康教室等の活動を行う。


最新記事


月別アーカイブ


QRコード

QR


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。