スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


背骨をコントロール!

こんばんは!

トレーナー 古山です。




またまた帰りは人身事故でダイヤが乱れてました(>_<)

運良く遅れてきた電車に乗れましたけど!(*^-^)b




今日は「腹筋強化」や「腰痛対策」をしましたが、

基本的に 背骨のコントロール が決め手でした。




正に『古山アスレチック』が展開された形です。




腹筋強化は、弱点(力が入りづらい部位)にターゲットを置き、鍛えます。

その際、背骨のコントロールが肋骨を自由に動かすことができ、部位的トレーニングが可能となります。




腰痛対策は、痛い箇所が硬く縮んでしまうため、その部位にターゲットを置き、伸ばします。

これも背骨のコントロールで部位的ストレッチが可能となります。




慣れてくると感覚でできるので、より「体感型エクササイズ」となります!

腹筋強化も腰痛対策も近いものがありますね。

共通するものとしては、「寝違い対策」や「柔軟性向上」などがあります。




自身で行える健康管理にも繋がります。

さあ!
背骨をコントロールしましょう!!















この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

古山慶太

Author:古山慶太
1967年12月25日生まれ

■資格
健康運動実践指導者
JSCAマスターインストラクター
ライフフィットネス・アドバンストレーナー

■競技歴
陸上 他

■活動歴
公共施設・会員制クラブでのトレーナーをはじめ、体力測定・健康教室・健康アドバイザー等を経験し、スポーツクラブへ入社。
トレーナー業務全般・スタジオプログラム・子供体操教室指導・ジムエリア統括等のキャリアを積む。
現在はフリーとなり、スポーツクラブでのパーソナルトレーナー活動を中心に、企業向け講習会講師・ジュニア体操教室・高齢者健康教室等の活動を行う。


最新記事


月別アーカイブ


QRコード

QR


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。