スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


心肺機能向上でライバル打倒!?

こんばんは!

トレーナー 古山です。




最近不安になっていることは、心肺機能!




高心拍トレーニングが好きだったのに、今はしていないんですよね~。
(心拍数200以上が快感でした♪ ←必要ない??)

しかも、有酸素性のトレーニング自体、少なくなってきています。
(大変!!)




これでは、いざという時パワーが持続しません。

というより、疲れやすい体になるっていうこと。




だからといって、意図した訳ではないんですけど、久しぶりに「有酸素性・高心拍~自転車編」を頑張りました!




高心拍は、スピードと負荷で調整。

インターバルでも、心拍数はある一定基準は保ち、走りながら回復させるプログラムです。




高心拍中も辛いんですけど、自分の体力をチェックするには「高心拍後の回復度」です。

衰えてしまった現状を思えば、インターバルはまずまずうまくいったと思います。




いつもいつの時にも、
トレーニングは限界下で最大限発揮が良いと思います。

限界を超えて壊れると、修復に時間がかかりすぎます。限界線は把握しておくべきですね。




さて、スタミナが以前を超えるようになるのか…!?




私のライバルは、昔の自分です。

あまり頑張ってなかった自分に喝を入れてこようと思います!!


















この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

古山慶太

Author:古山慶太
1967年12月25日生まれ

■資格
健康運動実践指導者
JSCAマスターインストラクター
ライフフィットネス・アドバンストレーナー

■競技歴
陸上 他

■活動歴
公共施設・会員制クラブでのトレーナーをはじめ、体力測定・健康教室・健康アドバイザー等を経験し、スポーツクラブへ入社。
トレーナー業務全般・スタジオプログラム・子供体操教室指導・ジムエリア統括等のキャリアを積む。
現在はフリーとなり、スポーツクラブでのパーソナルトレーナー活動を中心に、企業向け講習会講師・ジュニア体操教室・高齢者健康教室等の活動を行う。


最新記事


月別アーカイブ


QRコード

QR


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。