スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


体の防衛反応

こんにちは!

トレーナー 古山です。




肩トレーニング翌日(昨日)に、肩にいつもと違う痛みが…!!

ちょうど、カバンを肩に掛けると嫌な感じがする、ちょっとした違和感です。




夜まで気になって、昨晩は寝る前に簡単ケアをしました。

さほど回復は見込めませんでしたが…。




そして今朝目覚めると、

気になる肩がピクピクと痙攣してます!




嫌いじゃないので、軽く指で触れて痙攣を楽しみました(^ー^)




午前中気付かなかったんですが、

「あれっ?」

そういえば、肩が痛くない!




すごい!
痙攣も、体の防衛反応です!!













体は、時に、過剰な防衛反応を起こすこともあります。

例えば膝は、不具合だと腫れてきます。




もし手技などで腫れを鎮めても、負担の続く使い方をしていれば、やがて腫れるでしょう。

これも大事な防衛反応ですが、運動療法で負担を減らしても、相変わらずの反応が癖になっていることもあります。




手技の腫れ対策と運動療法で普段の使い方が変われば、腫れは引いていきます。










でも、体の自律性ってすごいですよ。

一応、脳の判断でしょうが、自分では思いもよらない反応です。




どうして腫れたのか。

どうして筋肉痛になったのか。

どうして痙攣するのか。




体に聞いてみれば、伝わってくるものがあります。

「なるほど!」と。




体の声を聞いて、自分に愛情を!

どうぞ、ご自愛ください(^-^)/























この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

古山慶太

Author:古山慶太
1967年12月25日生まれ

■資格
健康運動実践指導者
JSCAマスターインストラクター
ライフフィットネス・アドバンストレーナー

■競技歴
陸上 他

■活動歴
公共施設・会員制クラブでのトレーナーをはじめ、体力測定・健康教室・健康アドバイザー等を経験し、スポーツクラブへ入社。
トレーナー業務全般・スタジオプログラム・子供体操教室指導・ジムエリア統括等のキャリアを積む。
現在はフリーとなり、スポーツクラブでのパーソナルトレーナー活動を中心に、企業向け講習会講師・ジュニア体操教室・高齢者健康教室等の活動を行う。


最新記事


月別アーカイブ


QRコード

QR


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。