スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


広い背中を作る

こんにちは!

トレーナー 古山です。




「広い背中」に憧れる?

女性は、華奢な背中が憧れという人もいるので、今回は男性向けということで…f^_^;








背中のトレーニングは、上から引くプルダウン系と、前や下から引くローイング系、または上から下げるプルオーバーなんてのもあります。

とりあえず、プルダウンとローイングでいきましょうか!




どちらも「引く」動作で、広背筋をメインで鍛えます。

普通にやっていれば、そこそこ効きますが、肩甲骨の動きを意識すれば更に効き目があります!




そうやって、腕の力よりも背中(広背筋)の力を優先させます。

特に、初動で背中(広背筋)から使い出すようにしましょう。




腕力より背筋力が勝ります。やがて重量が増しても、背中で引ければ背中は広くなっていくでしょう!




そして刺激を強めるために、テンションをかけたままストレッチポジションに持っていき、正しく引いて筋肉を縮めていきます。

肩甲骨は、大きく動かしましょう!








でも、これで終わらないのが「古山式」!




肩甲骨は、上に下に内側に外側に動きます。

広い背中のためには、肩甲骨(肩の関節軸位置)を左右に遠ざけ、

三角筋(肩の筋肉)のピーク(一番盛り上がる所)を外側にする、

そんな肩トレーニングもプラスします。




肩の位置が変わると、背中の印象も変わります。




肩甲骨を広げ、背中を広げましょう!(^▽^)/

背中のトレーニングが楽しくなりますよ♪












この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

古山慶太

Author:古山慶太
1967年12月25日生まれ

■資格
健康運動実践指導者
JSCAマスターインストラクター
ライフフィットネス・アドバンストレーナー

■競技歴
陸上 他

■活動歴
公共施設・会員制クラブでのトレーナーをはじめ、体力測定・健康教室・健康アドバイザー等を経験し、スポーツクラブへ入社。
トレーナー業務全般・スタジオプログラム・子供体操教室指導・ジムエリア統括等のキャリアを積む。
現在はフリーとなり、スポーツクラブでのパーソナルトレーナー活動を中心に、企業向け講習会講師・ジュニア体操教室・高齢者健康教室等の活動を行う。


最新記事


月別アーカイブ


QRコード

QR


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。