スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スクワット考察

こんにちは!

トレーナー 古山です。





最近は頻繁に、スクワット指導をあちこちでするようになりました。

スクワットは単純でありながら、様々な有用性のあることを考えると、なかなか奥深いもの。

取り組む程に、謎にぶつかったり、新たな発見があったり…。



スクワットといっても、幅があります。



大人向け、子供向け。

脚を太くする、細くする。

運動不足に、競技選手に。

痛みの予防に、痛み改善に。





スクワットに対する考え方がたくさんあるのは、目的によって狙いが異なるためでしょうか。

フォーム一つとっても、指導者によって指導法が異なります。

そこで、フォームをいろいろと考察してみました。





イスからの立ち上がりは、スクワット動作が関連します。



「よっこいしょ!」と、膝を押さえて立てば足裏に力が伝わりやすくなります。





子供をおんぶするより、肩車で上げ下ろしした方がスクワットらしい。



肩に重さがかかるのは、バーベルスクワットと同じです。





お腹引き締め、ドローイン式。とにかく、ウエストを細くしたまま。



自体重で行う時、チェックしやすいです。体幹姿勢を維持します。
ウエイトを担いでも、ドローインできていればいいですね~。

まだまだいろんなケースが考えられると思います。





対象者によって、また目的によって、指導法は異なりますが、

人体で最も大きな筋肉=お尻、筋肉群では大腿部、最も大きな関節=股関節、最も大きな靭帯=腸けい靭帯、というだけでも脚腰使うスクワットは魅力的です。





くれぐれも、体を壊すスクワットだけは避けたいものです。















この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

古山慶太

Author:古山慶太
1967年12月25日生まれ

■資格
健康運動実践指導者
JSCAマスターインストラクター
ライフフィットネス・アドバンストレーナー

■競技歴
陸上 他

■活動歴
公共施設・会員制クラブでのトレーナーをはじめ、体力測定・健康教室・健康アドバイザー等を経験し、スポーツクラブへ入社。
トレーナー業務全般・スタジオプログラム・子供体操教室指導・ジムエリア統括等のキャリアを積む。
現在はフリーとなり、スポーツクラブでのパーソナルトレーナー活動を中心に、企業向け講習会講師・ジュニア体操教室・高齢者健康教室等の活動を行う。


最新記事


月別アーカイブ


QRコード

QR


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。