スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


歩くこと

こんばんは!

トレーナー 古山です。




今日は走る足が軽く、気分がいいです。

でも、歩くことと比例しないのが不思議なところ。歩きでは、それほど軽くは感じません。




こんな「単純」ではない人体の仕組みが、逆に興味深くもあります。




最近は、「歩く」に関わるパーソナルトレーニングが増えてきました。

そうなると、歩行について考えることが多くなります。




姿勢を変えれば、歩行が変わることもあります。

視野が広がるだけで、バランスや反射神経が改善されることもあります。




姿勢を変えるのに、背すじを無理やり伸ばすより、別の要因で姿勢を変えられることがあります。

例えば、足の機能が衰えて姿勢が悪くなることもあるので、足の機能を回復させれば自ずと姿勢が変わったりします。







私は、歩きながら自分自身を分析するのが好きです。
(もちろん、当たりハズレがあるとは思いますが)




特に、調子の良い時より悪い時の方が有意義なのは言うまでもありません。

自分の足が重い時は、「チャンス♪」だと思います。








日々、勉強。

「単純」より「複雑」という深み。

「良い」より「悪い」時の関心。




歩くことは、進歩ということなんでしょう!!












この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

古山慶太

Author:古山慶太
1967年12月25日生まれ

■資格
健康運動実践指導者
JSCAマスターインストラクター
ライフフィットネス・アドバンストレーナー

■競技歴
陸上 他

■活動歴
公共施設・会員制クラブでのトレーナーをはじめ、体力測定・健康教室・健康アドバイザー等を経験し、スポーツクラブへ入社。
トレーナー業務全般・スタジオプログラム・子供体操教室指導・ジムエリア統括等のキャリアを積む。
現在はフリーとなり、スポーツクラブでのパーソナルトレーナー活動を中心に、企業向け講習会講師・ジュニア体操教室・高齢者健康教室等の活動を行う。


最新記事


月別アーカイブ


QRコード

QR


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。