スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「下り」の技術

こんにちは!

トレーナー 古山です。




朝は早歩きの人が多いですね~。

私も負けずに足早ですが…。





坂道の上り下り、
階段の上り下り。

上りも下りも大変です。




筋力やその他の体力要素の不足なら、上りより下りが楽に感じます。

でも、関節の不具合や踏ん張れない状況下では、下りの方がキツいと感じることがあります。




山登りは、なんとか上ったその後は、下りで膝が笑います。

下りのダメージをコントロールできないと、負担を掛け続けることになりますよね。




下りには、技術が必要です。




なので、筋力が低下していても、下る技術があるならば、

上りより下りが楽になることもあるということですね。








脚の関節がスムーズに動くように!

足首、膝、股関節などでクッションを働かせるために!

台からの下り方、下り坂の下り方も練習!

トレーニングやケアなど様々な試みで、「下りる技術」を高めていきましょう。




ランナーは、下り坂コントロールも練習しましょうね。

脚を雑に使ってるとダメージがかさみ、後々苦労しますよ~(><;)








「下る技術」で、脚は末永く使いたいものです(^O^)/












この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

古山慶太

Author:古山慶太
1967年12月25日生まれ

■資格
健康運動実践指導者
JSCAマスターインストラクター
ライフフィットネス・アドバンストレーナー

■競技歴
陸上 他

■活動歴
公共施設・会員制クラブでのトレーナーをはじめ、体力測定・健康教室・健康アドバイザー等を経験し、スポーツクラブへ入社。
トレーナー業務全般・スタジオプログラム・子供体操教室指導・ジムエリア統括等のキャリアを積む。
現在はフリーとなり、スポーツクラブでのパーソナルトレーナー活動を中心に、企業向け講習会講師・ジュニア体操教室・高齢者健康教室等の活動を行う。


最新記事


月別アーカイブ


QRコード

QR


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。