スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


膝が抜ける

こんにちは。
パーソナルトレーナーの古山です。




なんと、この一週間は 膝対策 の日々でした。




膝の不調を訴える方に似ていた、筋反応。

例えるなら、
「登山で筋疲労を起こし、下山で膝が笑う」
という状態です。



って、逆に分かりにくかったでしょうか。。。




体重を片足に乗せた瞬間、膝下に力が入るのが正常な状態ですが、

力が入りづらい方は、意外と多かったんですね。




実際に膝に力が入らなくなると、

「膝が抜ける」感覚です。




様々な理由や程度の差はありますが、

足裏への荷重でスイッチが入る、神経伝達の練習は効果的でした。







という私も、

膝の古傷が疼くことがあります。

「膝が抜ける」感覚も味わったことがあります。



固まってしまうと、

パキパキ音がします…!



そんな時は、

膝周りの皮膚から柔らかくして 皮下での滑りも良くします。



なんと、皮膚の影響が筋肉に及ぶこともあるんですね。



関節の皮膚が硬くなったら、関節の動きもチェックしておきましょう。







とりあえず、

膝は長く使える状態にしておきたいものです。




そのためには、

大事に、何もしないで飾っておきますか?

強く鍛えようと思いますか?




使わなければ、使い物にならなくなります。

頭と身体(脳と筋肉)は、積極的に使いましょう!







私は、今週も 走るクラス があります。

万全ではありませんが、

メンテナンス と 使い方 に気を配り、「膝が抜けないように」注意したいと思います!!










Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

古山慶太

Author:古山慶太
1967年12月25日生まれ

■資格
健康運動実践指導者
JSCAマスターインストラクター
ライフフィットネス・アドバンストレーナー

■競技歴
陸上 他

■活動歴
公共施設・会員制クラブでのトレーナーをはじめ、体力測定・健康教室・健康アドバイザー等を経験し、スポーツクラブへ入社。
トレーナー業務全般・スタジオプログラム・子供体操教室指導・ジムエリア統括等のキャリアを積む。
現在はフリーとなり、スポーツクラブでのパーソナルトレーナー活動を中心に、企業向け講習会講師・ジュニア体操教室・高齢者健康教室等の活動を行う。


最新記事


月別アーカイブ


QRコード

QR


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。