スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


汗をかくこと

こんにちは。
MID BREATHでパーソナルトレーナーをしている古山です。


暑いと思ったら寒くなり、寒いと思ったら暑くなる日々ですが、季節の移り変わりは肌で感じます。


夏の暑い日には運動しなくても汗をかきましたが、気候も落ち着いてくれば、"スポーツの秋"として何か運動をして汗でもかきたいところです。


ホントは、一年を通して定期的に運動習慣を身に付けて頂きたいところです。「寝る、食べる、運動する」は、一度に貯めることができません。健康は一日にしてならず、といったところでしょうか。


ですが、一度にドバッとしてしまいたい方は、運動も大汗をかいてスッキリしたいところでしょう。ダイエットの時も、大汗をかけば痩せると思っている人も多いでしょう。


「たかが汗、されど汗」
汗をかくことは代謝を良くすることにも繋がりますが、同時に負担(ストレス)を意味するものでもあります。だから、"ドバッと汗"より"ジワッと汗"がオススメなんです。


運動時には徐々に負担をかけ、徐々に身体を鍛えます。
日常生活レベル以上の運動強度でトレーニングするということは、汗のかき方すら変えてしまいます。


どのように変わるのでしょうか?
運動時はハイレベルなので発汗を促しますが、日常の低レベルでは発汗しにくくなります。


「日常を低レベルに」感じるくらいに鍛えたいものです!



Powerd by



リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

古山慶太

Author:古山慶太
1967年12月25日生まれ

■資格
健康運動実践指導者
JSCAマスターインストラクター
ライフフィットネス・アドバンストレーナー

■競技歴
陸上 他

■活動歴
公共施設・会員制クラブでのトレーナーをはじめ、体力測定・健康教室・健康アドバイザー等を経験し、スポーツクラブへ入社。
トレーナー業務全般・スタジオプログラム・子供体操教室指導・ジムエリア統括等のキャリアを積む。
現在はフリーとなり、スポーツクラブでのパーソナルトレーナー活動を中心に、企業向け講習会講師・ジュニア体操教室・高齢者健康教室等の活動を行う。


最新記事


月別アーカイブ


QRコード

QR


検索フォーム


RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。